北前船と小樽

楽しむ

北前船は、江戸から明治時代にかけて、大阪と北海道を結んで大活躍した商人の船です。

「沿岸各地に地場産業を起こした船」
「巨万の富を生んだ船」
「北前船が昆布を運んできたから、昆布出汁が広まった」
「日本の経済を躍進させた船」

などといわれてきました。

文化庁が地域の歴史的魅力や国の文化・伝統を語るストーリーを認定する日本遺産の
「荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落」
に小樽市が追加され、今後小樽でも北前船を巡る観光が広がっていきます。

鉄道が無かった時代では、大量輸送の手段は船による海上輸送が一番でした。
なかでも、最も重要な物資は「米」
北海道では、寒くて稲が育たないので、米は確実に売れました。
さらに、衣類・鉄製品・ワラジなど北海道で必要な物はなんでも北前船が届けました。

逆に、小樽から全国に運ばれて最も大きな利益を生んだのは、ニシンです。
油を絞った後のニシンカスが、瀬戸内各地で盛んだった綿花栽培の肥料として使われました。

生活費需品だけでなく、全国各地の民謡芸能文化風習食文化も運びました。

北前船に運ばれてきた民謡が各地でアレンジされ新しい民謡が生まれたのです。
商品流通によって、江戸時代の産業を大きく発展させ多くの文化を生み出し、
日本はひとつの国だという意識形成が促進されました。

明治時代になると、電信が普及し物の値段が伝わるようになりました。

より安全で、もっと大量の荷物を高速で運ぶ「汽船」が登場し、
明治30年代で北前船はその役目を終えたのです。

倉庫や銀行など、小樽に現存する多くの歴史的建造物は北前船と密接に関わっています。